mainimg

HOME

毛穴ケアって?

スキンケアで大事なことに、毛穴のお手入れによってにきびや肌の炎症を防ぐことがあります。

毛穴というのは顔や頭皮だけで約20万個、体のほとんどの部分に存在しています。

毛穴から皮脂が分泌されるという性質から、汚れが詰まりやすいことがあります。

皮脂が分泌されることで、肌は適度な水分を維持しています。

一方で皮脂が多いと毛穴の黒ずみや、角栓などを作る元ともいえるのです。

皮膚の炎症やにきびは、毛穴に詰まった角栓や黒ずみを長期間を適切にケアしなかったために、肌荒れになることと関わりがあります。

毛穴ケアをすることで、にきび対策効果も期待できるといいます。

スキンケアの最中に、毛穴の黒ずみや角栓が目につくことがあります。

特に鼻の頭など、黒ずみになりやすく、気がついたら、ぽつんぽつんと黒くなっていたって事があったという人が多いのではないでしょうか。

毛穴に目詰まりを起こしている皮脂を除去することで、にきび対策にもなります。

皮脂汚れを放置しておくと化粧ノリが悪くなったり、しみやくすみの原因になりますので、こまめなケアが大事です。

毛穴ケアは、洗顔、ピーリング、毛穴パック、引き締めなど、いろいろとあります。

全部の方法を実践するのではなく、現在の毛穴がどんなコンディションなのかによって適切なケアを選択することが重要です。

毛穴ケアと洗顔

毛穴ケアの方法は、いろいろとありますが中でも一番の基本といわれているのが洗顔です。

毛穴汚れとは、皮脂の分泌が多すぎて毛穴の目詰まりが起きる状態です。

不要な皮脂を除去し、肌を清潔な状態に保っておくことが、毛穴のケアの基礎となります。

洗顔料の選択も重要です。

洗い落とす力が強すぎると肌に負荷がかかるため、洗顔石鹸や洗顔クリームなどでそっと洗い上げます。

まずは、石鹸や洗顔フォームから、きめ細かな泡を作ります。

直接指で顔に触れないように泡を額から鼻に乗せ、円く指を動かすようにしながらそっと顔を洗ってください。

洗顔する時にごしごしと強くこすると、よく落ちるような気がしてしまいます。

強くこすると肌にダメージがいくだけでなく、有用な皮脂汚れを落としてしまう場合もあります。

すすぎばぬるま湯を使い、すすぎ残しがないよう流します。

顔に残った水分を拭き取る時はこすらずタオルに水を吸わせるようにし、仕上げに化粧水などで十分に保湿をしてください。

スキンケアは洗顔のすぐ後に、間をおかずにすることです。

時間が経つと毛穴が閉じてスキンケアの効果が薄れます。

顔を洗った後に放置しておくと、化粧水がしみ通りません。

毛穴ケアのためには、肌のターンオーバーである28日以上は毎日続けることが大事です。

毛穴ケアとサプリメント

毛穴ケアの定番ともいえる方法は毎日の洗顔、スキンケア、ピーリングなど皮膚に対して何らかの処置を行うというものです。

肌の調子を整えるには、体内に肌を整えるためのビタミンやミネラルを取り入れ、その作用によって内部から影響を及ぼすというやり方もあります。

毛穴から分泌される皮脂を適度な量に保ち、毛穴の開きをストップするには、抗酸化作用があるビタミンがおすすめです。

洗顔料は洗浄力が強すぎても良くないので、弱酸性の洗顔クリームや、洗顔専用の固形石鹸などが毛穴ケアには向いています。

体内に存在する臓器などの改善には、ミネラルが効果的です。

ミネラルは肌の新陳代謝を良くし、肌荒れに悩む皮膚の改善効果があるといいます。

コラーゲンを用いることで、たるみの目立つ肌とその毛穴をキュッと締めることができます。

たるみの原因として考えられるものに、老化による皮膚のコラーゲンの減少です。

たるみの出た肌に何のケアもしないでおくと、皮膚が下方に流れて毛穴が目立つようになります。

コラーゲンは、新陳代謝を促すだけではなく肌のハリや柔軟性を保つ成分です。

皮膚を引き締め、毛穴が目立たないようにするにはコラーゲンはとても役に立ちます。

サプリメントによる栄養摂取なども上手に利用することで、毛穴ケアを行いましょう。

▲Pagetop